賃金不払いで日能研関西を書類送検

神戸新聞  2002/10/08

日能研関西を書類送検 賃金不払いで兵庫労働局

——————————————————————————–
兵庫労働局は七日、過労死認定された男性講師=当時(39)=に時間外労働の
割り増し賃金を支払わなかったとして、労働基準法違反の疑いで大手進学塾「日
能研関西」(神戸市中央区)と社長(62)を神戸地検に書類送検した。

他の講師延べ八人に対する不払い分も合わせて送検した。進学塾が同容疑で書
類送検されるのは異例。

男性講師は二〇〇〇年一月にくも膜下出血で死亡。〇一年三月二十一日に神戸
東労働基準監督署が長時間労働での過労死を認定し、同日、講師の母親が労働
基準法違反容疑で同社と社長を同労基署に告訴していた。

兵庫労働局の調べでは、同社は一九九九年十二月から二〇〇〇年一月まで、男
性講師の法定労働時間外の労働時間計六十二時間分、賃金計約九万三千円を支
払わなかった疑い。

ほかに延べ八人の講師についても、合計五百四十一時間分、賃金計約七十一万八
千円を払わなかったとしている。

労働局は「会社側は月額四万円程度の職務手当が時間外賃金としての性格を持つ
と主張しているが、その分を差し引いても不足している」と説明。

同社は「担当者が不在で、現時点ではコメントできない」としている。


PAGE TOP