日能研が2012年度入試の予想R4を公表

日能研関連記事

日能研のR4とは、合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味します。

そのうち予想R4は、結果R4をもとに、2012年度入試での試験日・定員・入試科目の動きと合判テスト結果を見ながら、予想し、まとめたものです。

日能研では2011年6月からの毎月、全国公開模試受験生に配付されます。

2012年度入試 予想R4
【首都圏】 11月 <日能研 全国公開模試>
男子(244KB)   女子(255KB)

【関西】2011年10月1日版
男子(177KB)   女子(186KB)

記事を読む   日能研が2012 ...

日能研、顧客満足度第4位

日能研関連記事

顧客によるサービス利用満足度によって決められる2010年度版「オリコンCS(顧客満足度)ランキングアワード2010」が発表されました。

オリコンCSランキングは、2009年10月8日から2009年10月26日の期間に、消費者約8万人が顧客満足度の高いサービス企業を選んだものです。日能研は中学受験の部門で第4位にランキングされました。

中学受験 塾・予備校(総合) でランキング入りしたのは、
1 76.36点 CG啓明館
2 74.39点 四谷大塚
3 73.54点 東進スクール
4 71.58点 日能研
5 71.07点 サピックス
6 70.21点 進学塾ena
7 69.30点 早稲田アカデミー
8 69.29点 栄光ゼミナール
9 67.77点 明光義塾
10 66.84点 市進学院

記事を読む   日能研、顧客満足度第4位

新型インフルエンザへの対応について

日能研関連記事

日能研では、今回の新型インフルエンザの対応について、HPで公表しています。

日能研 新型インフルエンザへの対応について

以下、その「新型インフルエンザへの対応について」そのまま紹介します。日付は2009年5月16日付です。


新型インフルエンザの国内感染が確認されたことにより、政府は新型インフルエンザ対策本部幹事会を開き、国内対策を「第1段階(海外発生期)」から「第2段階(国内発生早期)」に切り替えました。

今回のインフルエンザは弱毒性のものであることを考慮にいれ、従来発表されていた計画よりも緩和された内容となっております。

日能研では、現状では以下の対策を講じることで、欠席時の学習をサポートできる体制を作るとともに、授業を通常通り実施する方向でおります。

•MY NICHINOKEN (インターネットでの個人向け会員情報サービス)での毎回の授業サポート発信
•各教室での予防措置の徹底(うがい薬・手指消毒薬の配置、来室時のうがい・手洗い・消毒と通塾時のマスク着用の励行、など)
•各家庭への依頼(来室前の子どもの体調チェック並びに検温の徹底、など)

なお、国内感染者が判明した神戸第一学区内の日能研神戸元町校・岡本校の2校は現状確認のために5月16日(土)・17日(日)の2日間は休校としております。

上記の対策の中で、通室するNバックの子どもたちを街中で見かけることもあるかと存じます。皆様がたには日能研各校で学び続ける子どもたちに、あたたかいご理解とご支援を頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。


記事を読む   新型インフルエン ...

中学受験の塾の費用

日能研関連記事

2009年2月1日の毎日新聞東京朝刊で「中学受験塾:4年生から4教科3年間 月謝、テスト、教材、講習…200万円超」と題された記事がありました。

中学受験では費用が気になるところ。この記事の中から中学受験の費用と日能研に関する部分を抜粋して紹介します。

記事を読む   中学受験の塾の費用

河合塾・日能研 2011年までに10校舎へ

日能研関連記事

2008年11月21日の日本経済新聞中部経済面によれば


予備校大手の河合塾(名古屋市)は中部圏で中学受験事業を拡大する。

学習塾大手の日能研(横浜市)と共同出資して設立した日能研東海(名古屋市)の校舎を2011年までに10校舎増やす。大学受験を主力としてきた河合塾は、中学受験事業の強化に本腰を入れる。

現在、日能研東海の校舎は名古屋駅前校(名古屋市中村区)と千種校(同千種区)の2校舎。愛知県では私立中学校受験者数が年々増えており、「2校舎の無料テストに予想を上回る3000人の参加があった」(野田幹人日能研東海社長)。

県内の他地域でも需要は大きいとみて、まず来年2月にトヨタ自動車グループなどの社員が多く居住する刈谷市、豊田市と名古屋市の1社(名東区)、御器所(昭和区)で計4校舎を新設する。その後の2年間で、愛知県以外での開校も視野に既存校を含め12校まで増やす。

校舎新設に伴い、講師も増員する。常勤、非常勤含め各校8人程度の採用を目指す。学校別の対策講座も開設し、受験生の希望にきめ細かく対応する。名古屋駅前校と千種校では今秋、東海中学(名古屋市)と南山中学校(同)など向けの講座を開始した。


中学受験の親技  中学受験ナビ  ハッスルパパの嗚呼!中学受験物語!

記事を読む   河合塾・日能研 ...

日能研進学情報室室長・井上修氏「サンデーチャンスの影響は?」

日能研関連記事

2008/09/10 神奈川新聞 日能研進学情報室室長・井上 修
———————————————
入試事情中学校編第19回 
Qサンデーチャンスの影響は?

A 二月一日と二日に異変

八月二十五日掲載の中学校編⑱に引き続き、県内の入試動向をお伝えしましょう。基本データは前回同様、六月二十九日実施の全国中学入試センター模試の「志望校判定テスト」で、今回は女子校編です。

本連載13でもご紹介したとおり、二〇〇九年入試は二月一日が日曜となり、フェリス女学院などプロテスタント校が礼拝を行なう日曜を避け、翌二日へ移動する「サンデーチャンス」が生じます。

たとえば県内では、例年だと二月一日入試のフェリス女学院、横浜共立学園、横浜雙葉などが二日にずれます。横浜雙葉はカトリック校なので本来は一日のままなのですが、併願の影響を考慮して、横浜共立学園、フェリス女学院と歩調を合わせて二日にずれるのです。

また逆に、従来の二日校であった鎌倉女学院①、湘南白百合学園などが一日に移動します。つまり、一日と二日の学校が入れ替わったわけですね。

志望動向を見ていると、一日に移動した鎌倉女学院①や湘南白百合学園などは志望者がやや減り、平均偏差値が上昇していて、受験生が高い偏差値層にシフトしているようです。

また、二日に移動したフェリス女学院はほとんど志望者数は変わりませんが、やや平均偏差値は上昇し、横浜共立学園A、横浜雙葉は志望者数はやや絞り込まれ、平均偏差値は上昇しています。いずれにしても、都内ほどの激しい志望者数や難易度の変動は生じていない模様です。

ただ、従来通り、二月一日に入試を実施する洗足学園①、日本女子大附属①などは競合校が二日に移動したこともあって、志望者数は増加、平均偏差値も上昇しています。また、新設入試もいくつかあり、たとえば二月一日午後の横浜英和女学院Aは百人以上の志望者を集めています。

さらに、二〇〇九年は表に示したように、〇七年に二俣川に移転して新校舎となった横浜富士見丘、中央大学の付属校化に向けて協議を開始している横浜山手女子なども人気が出ています。

今回のポイント
◆プロテスタント校が礼拝の日曜日を避け2日に試験実施
◆競合校の移動で志望者数増や平均偏差値上昇校も

志望校判定テストの主な女子校の動向はこちら

記事を読む   日能研進学情報室 ...

日能研関東と河合塾が国語と算数の学習教室を2月1日開校!

日能研関連記事

2008年2月1日 プレスリリース

株式会社ガウディア

日能研関東と河合塾が国語と算数の学習教室を2月1日開校!

株式会社日能研関東(横浜市・都筑区 代表取締役・小嶋隆)と、学校法人河合塾グループの株式会社河合塾進学研究社(東京都・豊島区 代表取締役・村上義則)は、共同出資により株式会社ガウディア(横浜市・都筑区 代表取締役・小嶋隆)を設立し、2008年2月1日より、08年度新小学校1年生を対象にした学習教室を開校いたします。指導教科は国語と算数の2教科で、基礎・基本の学力を習得しつつ、それを状況に応じて使いこなす力(=使える力)の育成を目的としています。

記事を読む   日能研関東と河合 ...

日能研、「キッズセキュリティ」サービスを導入

日能研関連記事

2007/12/25  日本経済新聞
 首都圏の私鉄、バス共通IC乗車券「パスモ」を生活の様々な場面で活用する動きが広がってきた。東急セキュリティ(東京・渋谷)は親に子どもの安全を知らせるメール送信サービスで学習塾大手と提携。西武不動産(埼玉県所沢市)はパスモを鍵として使うマンションの販売を始めた。私鉄各社がグループ会社と連携してパスモの用途を開拓、乗車券や電子マネーとしての利用拡大につなげる戦略だ。

 東京急行電鉄グループの東急セキュリティは2008年3月から、学習塾大手の日能研(横浜市)の首都圏全86校に「キッズセキュリティ」サービスを導入する。塾の教室などに専用の読み取り機を設置、子供がパスモをかざすと保護者あてにメールを自動送信する仕組み。保護者は子供の安全を確認でき、塾に到着した時間、出発した時間を知ることができる。(

記事を読む   日能研、「キッズ ...

日能研が河合塾と愛知県で合弁会社設立

日能研関連記事

東海地区の中学受験市場の活性化と教育サービスの充実を図るため、中学受験専門塾「日能研」(横浜市)が大手予備校「河合塾」(名古屋市)と合弁会社「日能研東海(仮称)」を設立し、来年2月に中学受験塾を名古屋駅前に開校すると発表しました。

新たに設立する合弁会社「日能研東海(仮称)」は、中学受験で全国的に定評のある日能研のカリキュラム・教材・ノウハウを導入し、協働して、主に私立中学を目指す小学生への受験を強力にバックアップします。

日能研グループは、全国で125校舎を展開中で、生徒数約38,500名、毎年数多くの難関中学合格者を輩出。この合弁事業を始めることにより、現在東海地区で、河合塾で提供している小学生向け教育サービスは、09年2月以降、新設する合弁会社が担っていくことを予定しています。

今後のスケジュール
2007年 11月 合弁事業 日能研東海開設準備室設置
2007年 12月 合弁会社設立 名古屋駅前校(仮称)オープン
2008年 2月  名古屋駅前校 授業開始
2008年中    名古屋市内に1~2校新設
2009年 2月  河合塾校舎の「日能研東海(仮称)」校舎への移行
2009年以降 名古屋市内を中心にサービス拠点増設

日能研東海(仮称)の概要
代表者 野田幹人
所在地 愛知県名古屋市
株主構成  学校法人 河合塾 30%
        株式会社 河合塾進学研究社 35% (河合塾グループ65%)
        株式会社 日能研 20%
        株式会社 日能研関東 5%
        株式会社 日能研関西 5%
        株式会社 日能研九州 5%  (日能研グループ 35%)

日能研名古屋駅前校では、新規開校にあたり「開校記念テスト」を実施します。

開校記念テスト
対象:小2から小5
料金:無料

実施日:

11/23(祝)
小2 国算 各30分
1回 10:00集合/11:50終了予定 2回 13:00集合/14:50終了予定
会場:河合塾ライセンススクール名駅校(KALS)

11/23(祝)
小3  国算 各40分
1回 10:00集合/12:10終了予定 2回 13:00集合/15:10終了予定
会場:河合塾ライセンススクール名駅校(KALS)

11/24(土)
小4  国算 各40分
1回 10:00集合/12:10終了予定  2回 13:00集合/15:10終了予定
トライデント外国語専門学校/アドバンス棟

11/25(日)
小5  国算 各40分
1回 10:00集合/12:10終了予定  2回 13:00集合/15:10終了予定
トライデントデザイン専門学校 C館

記事を読む   日能研が河合塾と ...

日能研で導入 塾通いの子どもに食事をデリバリー 

日能研関連記事

2007年10月23日 日経レストラン
学習塾に通う児童を対象にした食事・軽食のデリバリーサービスが11月から本格的に始まる。

名称は食育サポートサービス「SMART KIDS」(スマートキッズ)。15年にわたりフードコーディネーター育成スクールを展開し、約1200名の卒業生を送り出したジャパン・フードコーディネーター・スクール(=JFCS、東京都中央区、三井琢雄社長)が手がける新サービス。

栄養士、管理栄養士がカロリーや栄養バランスを考慮し、最新の栄養学理論を取り入れたメニューを開発。育ち盛りの子どもの脳と身体に必要な栄養を補給し、学力アップにもつながるような多品目を盛り込んだ日替わりの弁当、または軽食を、無添加の惣菜を作る中食業者が製造し、安心・安全な食を提供するというコンセプト。同時に、使用した食材や栄養についてなどのニューズレターも配布し、食育もサポートする。

利用者(保護者)は、塾が配布する専用の注文用紙を使い、ファクシミリあるいは塾のホームページから、利用3日前までに注文する。料金は弁当が600円(税別)、軽食400円(税別)。

すでに受験塾大手、日能研の都内にある教室数カ所で7月から試験導入したが、夏場の暑い中、お弁当を持参させることに抵抗を持つ保護者に好評で、100人以上の保護者から申し込みがあった。「コンビニや弁当店の大人向けの弁当に比べて、子どもが食べやすい」「手作りで安心感がある」などの意見が寄せられているという。

お弁当のメニュー例としては、「発芽米と五穀米のご飯、鶏肉の野菜ロール、根菜たっぷり筑前煮、さつまいものレモン煮」。発芽米に豊富なビタミンB1で脳のエネルギーを補給し、栄養素「ギャバ」でリラックス効果を与え、根菜類をよく噛んで食べることで大脳を刺激、発達を促進するなどの効果を狙う。

軽食では「チキンカツとごぼうサラダロール」。噛むことで大脳を刺激するほか、唾液の分泌により満腹感を得られ、肥満を防ぐ効果が期待できるという。

首都圏1都3県で中学受験者は5万人を突破(2007年)。小学生の通塾率は23.6%、中学生は59.9%という数字が出ている。塾に通う子どもは夕方、塾の授業が始まる前に持参した食事を取るケースが増えている。

(稲田 由美子)

記事を読む   日能研で導入 塾 ...

PAGE TOP